ページ内を移動するためのリンクです。

荘川桜とは < 荘川桜トップ

荘川桜とは

荘川桜とは

スライドで見る荘川桜と電源開発(J-POWER)の関わり

荘川桜と電源開発(J-POWER)の関わり

御母衣ダム(岐阜県)によってつくられた御母衣湖畔の展望台に立っている2本の巨桜は、樹齢450余年といわれ、いずれもアズマヒガンザクラです。いまは湖底に沈む中野地区の照蓮寺および光輪寺の境内にあったもので、村民に永く親しまれてきました。昭和34年、ダム建設中のこの地を訪れた電源開発(J-POWER)初代総裁高碕達之助が、この巨桜が湖底に沈むのを愛惜し、「桜博士」と言われた桜研究家の第一人者、故笹部新太郎氏に依頼し移植が実行されました。多くの専門家をして、「不可能」といわしめた世界に例を見ない大規模な移植工事は昭和35年12月に完了し、「荘川桜」と名付けられ、以来、電源開発(J-POWER)御母衣電力所が管理をし、守り続けています。

また、2002年、電源開発(J-POWER)創立50周年を機として、 5年間にわたり、全国の小学校・中学校を中心に100カ所で、荘川桜の苗木を植樹する、荘川桜二世植樹活動を実施しました。これは高碕達之助が残した魂である「人間の営みをしていく上で、開発は必要であるが、できる限り自然環境に配慮し、大切にする精神」を荘川桜を通じて子供達の心の中に育みたいという思いで取り組んだものです。

Page Top