ページ内を移動するためのリンクです。

御母衣ダム・発電所バーチャル探訪 < 荘川桜への行き方 < 荘川桜トップ

御母衣ダム・発電所バーチャル探訪

御母衣ダム

庄川の開発・御母衣ダムと御母衣発電所

庄川は、岐阜県北西部の山岳地帯より北に向って流れ、高岡市の近くで富山湾にそそいでいます。流域一帯は、冬期シベリアからの季節風がもたらす多くの雪が、春にはとけて水嵩を増し、また台風期には多量の雨を降らせるため、水量に恵まれた我が国有数の河川の一つです。そのうえ河川勾配が急であるため水力発電にとっては好条件で、1926年以来次々と20の発電所が造られてきました。
1957年、電源開発株式会社はこの庄川最上流部に世界有数のロックフィルダムと、ダム左岸の直下約210mの地下に発電所建設に着工しました。

ロックフィルダムの先駆となった御母衣

ロックフィルダム

貯水容量/3億7000万m3
流域面積/442.8km2
発電出力/215,000kW
運転開始/1961年1月14日

ダムは、土と岩を盛り立てて造った体積795万立方mにおよぶ世界有数のロックフィルダムです。ロックフィルダムはコンクリートダムと比較して経済的であり、基礎となる岩盤も良質でなくとも容易に築造できる利点から、近年では多くの大規模ロックフィルダムが造られていますが、我が国において、この先駆となったのが御母衣ダムです。

また、御母衣ダムが造られたことによって、下流の発電所群の発生電力量の増加にも役立っています。
発電所はダム左岸直下210mの地下にあり、2台の発電機で造られた21万5千kWの電気は、関西方面に送られています。
御母衣ダムバーチャル探訪動画
御母衣ダムバーチャル探訪動画

普段は見る事のできない御母衣ダム・御母衣発電所の様子や、MIBOROダムサイドパークを映像でご紹介します。

  • WindowsMediaPlayerで再生
  • QuickTimePlayerで再生
御母衣ダムバーチャル探訪動画
Page Top