ページ内を移動するためのリンクです。

全国に広がる荘川桜二世 < 荘川桜トップ

全国に広がる荘川桜二世

それは、不可能とも呼ばれたプロジェクト

不可能とも呼ばれたプロジェクト

1960年(昭和35年)11月15日、岐阜県荘川村(現・高山市荘川町)で、世界でも前例のない大規模な樹木の移植(高低差50メートル、移動距離600メートル)が開始されました。電源開発(J-POWER)御母衣ダム・発電所の建設により村の一部が水没する際、村内の寺の境内にあって人々に親しまれていた樹齢400年以上にもなる2本の桜をダム湖を見下ろす高台に移植しようという試みです。

荘川桜の誕生

荘川桜の誕生

移植のきっかけは、ダム建設の際に当時の電源開発(J-POWER)初代総裁だった高碕達之助が発した一言。村民による建設反対運動の解散式に招かれた高碕達之助は、湖底に沈む村の様子を視察中に一本の老桜に目を留め、「この桜を水没から助けたい」と語ったのでした。当時の技術ではまず不可能であろうといわれた移植プロジェクトも無事成功し、二本の桜は無事に根付き、1962年(昭和37年)に当時の藤井崇治総裁により「荘川桜」と命名されました。

二世桜を100ヵ所以上に植樹、900ヵ所以上の教材配布

二世桜を100ヵ所以上に植樹、900ヵ所以上の教材配布

高碕達之助が残した魂は後世にも引き継がれています。電源開発(J-POWER)は創立50周年を記念して、2002年(平成14年)度から5年間をかけて荘川桜の実生の実から育てた苗木を小学校・中学校を中心に100ヵ所以上で贈呈により植樹を行いました。荘川桜を題材にした小学生・中学生用教材に至っては、900ヵ所以上で配布しており、子供たちの自然環境を大切にするこころを育もうと試みたのです。

全国で実施した荘川桜物語の、魂のリレーを紹介します。

荘川桜二世植樹プロジェクトの紹介
教材配布プロジェクトの紹介
Page Top